屋形船に時代の変化を見る

屋形船に乗りませんか

屋形船に乗りませんか 頻繁に旅行・お出かけをしていて、普通の旅に飽きてしまっている人は屋形船に乗りませんか。
一度見たことがある景色、または何度も見たことがある景色であっても、屋形船が見ることで、また違った感覚が味わえますから、面白いものです。
なお、船内では豪華な食事を楽しんだりカラオケを楽しんだりすることもできます。
ですから、忘年会や新年会を変わった場所で開きたいという人は、屋形船に乗りませんか。
こういった変わった場所で忘年会や新年会を行えば、なかなかインパクトがありますから、普通の飲食店で行うのとは違った盛り上がりが期待できることでしょう。
なお、忘年会や新年会というと、ビジネスシーンで参加するイメージの人もいるでしょうが、プライベートで忘年会や新年会を開く時に屋形船を利用するのも良いものです。
また、誕生パーティーなどを船内で開くといった楽しみ方もあります。
このように、色々なシーンで活用することができるものです。

屋形船に時代の変化を見る

屋形船に時代の変化を見る 日本では、屋形船の人気が高まっています。
風流な文化を継承している屋形船のルーツは、平安時代にあります。
平安時代は、特権階級だけの遊びでしたが、江戸時代になると、身分は関係なく、武士も商人も町人も、屋形船で楽しむようになります。
江戸時代は、徳川家による統治が200年以上も続いたことにより、文化も経済も大きく発展します。
河川を移動する手段として、水上交通も発展し、舟が便利な移動手段として浸透していきます。
その後、単なる移動手段から、娯楽となり、屋形船で楽しむ人が増えていったのです。
現在では、船内の設備も、昔とは違って充実しています。
エアコンが搭載され、水洗トイレも完備しているため、快適に過ごすことができるのです。
美味しい料理が出て、カラオケも楽しめます。
貸切りもできるため、会社の忘年会や新年会、友人同士のパーティーなど、様々なイベントで利用されています。
最近は、店員が50名以上の大型船もあり、多くの人が船上での楽しいひとときを楽しんでいます。

新着情報

◎2017/10/20

屋形船デートが楽しい
の情報を更新しました。

◎2017/8/18

ゆっくり「屋形船ランチ」
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

夏の屋形船の楽しみ方
の情報を更新しました。

◎2017/4/27

思い出の写真を撮ろう!
の情報を更新しました。

◎2017/2/27

屋形船に時代の変化を見る
の情報を更新しました。

「屋形船 時代」
に関連するツイート
Twitter

江戸時代に使われた船、規模が大きい順⇒屋形船→屋根船→猪牙船(ちょきぶね)

返信先:@sulaimyu 屋形船は乗ってないんで分かりません😅 釣りに行った頃は『千葉県東葛飾郡浦安町』いうてました🗾 海苔の養殖やってた時代ですね…

Twitterよっしーな🐻@穴埋め隊@yosshiina1107

返信 リツイート 昨日 22:34

江戸時代に使われた船、規模が大きい順⇒屋形船→屋根船→猪牙船(ちょきぶね)

月:中村海人と一緒にお家でゲーム 火:まちゅとカラオケ 水:戦国時代と早朝ウォーキング 木:吉澤閑也と一緒にモツ焼き屋で晩御飯 金:まちゅとスポーツ観戦 土:まちゅと一緒に屋形船 日:中村海人とピクニック #推しとのデートプラン appli-maker.jp/analytic_apps/…

江戸時代には屋形船のよりも小さい「屋根船(やねぶね)」という船があった。 二人で一杯やる程度のスペースしかなかったから、宴会よりはカップルの密会に使われることが多かったらしい。 つまり、移動式のラブホテルみたいなもの。 【感想】 現代でも新たなビジネスとして成功しそう!?

Twitterしんけん@好奇心をくすぐり隊@shinkencasefile

返信 リツイート 1/15(火) 11:30

江戸時代に使われた船、規模が大きい順⇒屋形船→屋根船→猪牙船(ちょきぶね)

ノアの方舟みたいな屋形船からスターウォーズに出るような宇宙船になったのは時代を感じるな

返信先:@tabebeto3tabi他1人 あのーっ😅実は私も同じ事やった事あるので笑えません😭 先輩の送別会で幹事やったのに、時間間違えて‥屋形船出ちゃってました。 船が帰るまで近くの居酒屋で1人待ってました。 携帯のない時代だったしめちゃ怒られました。

今日は三鷹は武蔵野劇場に結城座の写し絵&人形劇を観に行きました。写し絵はアニメ文化の前世みたいなものらしいです。江戸時代では怪談ものや春画もの(みんな大好きエロとホラー)がわりとメジャーな娯楽として楽しまれていたそう。3月には隅田川上に屋形船を浮かべて上映するそうですよ〜

江戸時代に使われた船、規模が大きい順⇒屋形船→屋根船→猪牙船(ちょきぶね)