屋形船のいろいろなサービス

屋形船のサービス

屋形船のサービス 今日の屋形船というのは、これまでの印象を大きく覆すようなサービスが提供されています。
まず、これまでとは大きく異る点として宴会などでお酒を飲んだり、食事に舌鼓を打つということだけではないということです。会社の会議を屋形船の中で行い、会議室として利用したり研修の場として利用することも増えてきています。
また、夏季などの花火が打ち上がるシーズンにおいては、ベストスポットまで移動し建物などで視界が遮られない環境下で花火を楽しむことができます。
そして、結婚式を催し水面ならではのサービスを提供するということも行われています。
一般的に屋形船と言えば細長い形状で比較的大人数が乗り込むことができる船がイメージされるのですが、近年では少人数の船も人気を集めています。当然、古くから人気を集めている屋形船ならではのサービスも人気があります。
提供されるお酒は飲み放題ですし、併設された厨房で調理された天ぷらや刺し身は美味です。女性に嬉しいデザートなども用意されていることもありますし、冬季の場合は料理が鍋料理となり体の芯から温めることができます。
臨機応変に四季を楽しむことができる船での食事というのは、特別な思い出をより一層素敵なものにできます。

船乗り場まで無料送迎がついてくる

船乗り場まで無料送迎がついてくる 屋形船と言えば、花火大会で水上に浮かんでいる風景を見たことがあると思いますが、他にも会社のイベントや、飲み会、交流会は勿論、最近では結婚式の二次会などにも利用する方も居るようです。
豪華な食事と、普段、なかなか目にすることが出来ない風景を楽しめる事で人気があります。
屋形船は、貸切なので、騒いでも全く問題はなく、船内にあるカラオケで思う存分歌を歌うことができます。
夏は涼しげで良いけど、冬は寒くないのかと疑問に思う方も多いでしょうが、今の屋形船には、エアコンも完備していますし、水洗トイレもありますので、女性も安心して楽しむことが出来ます。
しかし、初めて行く場所には、殆どの場合、そこの土地勘がなければ、道や行き方が分からないことが多く、事前に調べて行っても、時間に間に合わないこともあります。そうすると、出発時間が遅れ、他の団体のお客さんにも迷惑をかけてしまうかもしれません。
そんな時に、便利なのが、無料送迎してくれるバスです。
大体、屋形船を扱う会社では、無料送迎を行っている場合が多く、何名様以上やバスの台数上、申込の先着順など条件はありますが、行きと帰りの両方を最寄駅や指定の場所まで送迎してくれます。
予約が必要ですが、団体で利用する場合には、揃って現場まで行けるので、時間に遅れる事無く、水上の非日常的な空間を楽しむことが出来るので利用する価値はあると思います。

屋形船に関するおすすめリンク

東京の浅草付近で屋形船の貸切を行う予約サイト

屋形船

新着情報

◎2017/10/20

屋形船デートが楽しい
の情報を更新しました。

◎2017/8/18

ゆっくり「屋形船ランチ」
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

夏の屋形船の楽しみ方
の情報を更新しました。

◎2017/4/27

思い出の写真を撮ろう!
の情報を更新しました。

◎2017/2/27

屋形船に時代の変化を見る
の情報を更新しました。

「屋形船 花火」
に関連するツイート
Twitter

墨田川見てると夏に友達と屋形船目掛けて打ち上げ花火上げたの思い出す

Twitter滅私ターゲット@target1900____

返信 リツイート 11:11

歌川広重『名所江戸百景 両国花火』 画面右上に咲き誇る花火、にぎわう両国橋の往来と行き来する屋形船。「日本」を語る時にこの一枚は必ず出したい名作中の名作。画面中央左の弧を描く花火は、どこか消え入りそうな細い線ではかなげな日本の「美」を表現しているように思えます。

返信先:@Kotextsun4 いやそれガチたまんない、それ屋形船から花火みながらやりたいす!笑

返信先:@HAZUQU_ 是非8月初旬に犬山の木曽川鵜飼においでませ(普通に河川敷から鵜飼を見れる上に花火も見れて露天もしっかりあってオヌヌメ) 普通に屋形船から観るのもいいゾ

屋形船に乗ったことない。お花見とか花火見たりしてみたいな〜 pic.twitter.com/qyB9B5SR8c

返信先:@ao_717 屋形船借りて花火見るとかじゃなき?

返信先:@ao_717 そういえばなんかういニキが屋形船借りて花火見るって言ってたよ

「今度の花火のために、米軍の面々で屋形船を予約したんですよ」「へえ、いいですね。僕も乗ってみたいなぁ」「ヒュースケンが僕とデートしてくれたら、あと二人分くらい屋形船の席が空くような気がするなあ」「きっと花火、綺麗でしょうね。ぜひ楽しんできて下さいね」「わー。実にいい笑顔ですね」

仕事中についつい大江戸パロについて考えてしまう…(仕事は?)(別腹です) とりあえず二人で両国橋の上から花火を眺めてほしいし寛永寺の桜を見に行ってほしいし屋形船で雪見酒を飲んでほしい…

思い出したかの様にお台場レインボー花火をアップ。 な何が凄いってこの屋形船の数。 ミジンコかー言うて(笑) pic.twitter.com/7tyNGtj2hd